回収できないものはある

民間業者ですと、自治体サービスに比べれば回収品目が多くなっています。
ですので、不用品回収をしてもらいたいものが沢山ある・種類が多いなどと言うときには便利ですね。
また、粗大ゴミなどによっては自らの運搬作業が大変だという時にも民間業者は全て行ってくれるので安心です。
どんな事でも対応してくれるというイメージがある民間業者ですが、当然ながら回収不可能な品目もあります。
それらについていくつか触れて行きたいと思います。

食品類

生物はもちろんですが、缶詰や瓶詰め・乾物・真空パックなど保存状態問わず回収不可能となっています。
中身は可燃ゴミへ。容器は自治体のルールに従って処理を個々で行うようにしましょう。

家電リサイクル法に制定されているもの

厳密に言えば回収は可能ですが、一般回収品目とは料金が異なります。
別途リサイクル料金が発生しますのでこの部分について了承をしたうえで利用するようにしてください。
買取などのサービスがある民間業者であればその限りではありません。

動物・植物

植物に関しては回収してくれるところもありますが、業者によっては不可能というところもあるようです。
動物に関しては常識の範疇でしょう。
魚類などにかんしてはペットショップ・アクアショップなどで引き取ってくれるところがありますし、里親を探すなどという団体に依頼をするのも良いでしょう。
民間業者ではこれらのものは取り扱い不可ですので覚えて置いてください。

クラシックピアノ

電子ピアノの回収は可能だというところもあるのですが、クラシックピアノとなると回収不可であるケースが多いようです。
しかし、専門の回収業者と言うものも存在していますし買取というシステムを導入しているところもありますから困ることは無いかと思います。

医療ゴミ・産業廃棄物など

「家庭ごみ」「一般ゴミ」ではありませんので取り扱い不可となっている業者が多いでしょう。
これらのものは専門業者が処分することが法律的にも義務付けられていますので不可能なのです。
一般家庭においてこのようなゴミが出ることは先ず無いとは思いますが覚えておきましょう。